硬派経済ジャーナリスト「イソヤマの眼」

月500円ではなく年1万円以上の負担増…少子化対策「支援金制度」で岸田首相が"あえて言わないこと" これは「ステルス増税」にほかならない

プレジデントオンラインに2月19日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/78748 「ステルス増税」にほかならない 「実質的な負担は生じない」と岸田文雄首相が繰り返している「支援金制度」を導入す…

このままでは13年後に紙の新聞は消滅する…熱心な読者からも"質が落ちた"と苦言を呈される残念な理由 減少率は"7.3%"で過去最大となった

プレジデントオンラインに2月2日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/78272 2036年には紙の新聞は姿を消す計算になる 紙の新聞が「消滅」の危機に直面している。日本新聞協会が2023年12月に発表…

「日経平均は絶好調」でも生活が苦しい…「物価上昇を上回る賃上げ」ができない日本人を襲う"厳しいシナリオ" 株価や不動産が上がっても庶民の生活はラクにならない

プレジデントオンラインに1月19日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/77825 世界的にも目立つほどの日経平均株価上昇 日本の株価上昇が勢いづいている。日経平均株価はバブル崩壊後の高値を連日…

「立候補するために2億円払った」と吐露する議員も…パーティー券問題だけではない"自民党が抱える闇"の深さ 有能な若者が国会議員になる道をふさぐ"悪しき慣行"

プレジデントオンラインに12月22日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/76940 「自民党は悪しき慣行と決別すべきだと思います」 「当たり前と思ってやってきたことが世間から指弾されているわけで…

「林真理子さんを助けてやってくれ」就任1年以上経っても林理事長が日大改革を進められない"根本原因" カギを握るのは「ド派手なスーツの強力な助っ人弁護士」

プレジデントオンラインに12月8日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/76490 記者会見に現れた「ド派手なスーツの強力な助っ人」 「何合目と言うより富士吉田の駅に着いたくらい。まだバスにも乗…

「大阪万博、中止でええやん」という人はわかっていない…目先の経済効果よりはるかに重大な"日本への影響" 成否を握るのは"国"ではなく"民間企業"である

プレジデントオンラインに11月28日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/76127 万博は「一時の経済対策」と同じなのだろうか 2025年に大阪で予定されている日本国際博覧会(大阪・関西万博)。物価…

「電力会社は不当に儲けている」国民にそんな疑念を抱かせてしまう岸田政権"補助金政策"の決定的問題点 「消費者を助けるため」と言いながら業界を支えている

プレジデントオンラインに11月15日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/75802 あまりにもタイミングが悪い「最高益」 電気料金の上昇で家計の負担が大きく増えているのを横目に、大手電力会社が軒…

「駅前ですらタクシーがつかまらない」それでも"ライドシェア解禁"が遅々として進まないワケ 岸田首相は"既得権者"と"国民"のどちらを選ぶのか

プレジデントオンラインに10月31日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/75288 高齢運転手に支えられてきたタクシー業界 各地でタクシー不足が顕在化している。駅のタクシー乗り場で長蛇の列ができ…

「荷物ひとつでも届けなければ…」ドライバーの労働環境改善と言いながら空気を運ぶ率が上がっているワケ 「荷物の量がまとまってから運びますなんて到底言えない」

プレジデントオンラインに9月17日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/74812 最も過酷な労働環境に晒されてきたドライバー 「荷物の3割が運べなくなる」と試算されている「2024年問題」の発生まで…

「ジャニーズ事務所はファンドが入って上場を目指すほうがいい」10月2日の会見までに経営陣が決断すべきこと 判断が遅れると事務所は自然消滅することになる

プレジデントオンラインに9月29日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/74373 社名変更はコーポレート・ガバナンスに関わる問題 ジャニーズ事務所が10月2日に、今後の会社運営の方針について公表す…

来年以降、政権を揺さぶる火種になりうる…マイナカード大混乱に続き岸田政権を待ち受ける"第2の爆弾" 新設「デジタル行財政改革担当相」は河野大臣が兼任

プレジデントオンラインに9月15日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/73932 「デジタル行財政改革担当相」は河野大臣が兼任 岸田文雄首相は9月13日に内閣を改造した。焦点のひとつだった河野太郎…

「中国の反発が想定外だったとは思えない」処理水放出が象徴する岸田内閣の"すべてカネで解決する"蛮勇政治 これから30年以上も補助金を出し続けるつもりなのか

プレジデントオンラインに9月1日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/73428 関係者の理解は得られていないなかでの放出 東京電力福島第一原子力発電所にたまった大量の「処理水」の海洋放出が8月2…

だから躍起になってマイナンバーカードを作らせようとする…日本を"デジタル後進国"にした本当の原因 民間ではプラスチックのカードは姿を消しつつあるのに

プレジデントオンラインに8月18日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/72900 「我が国がデジタル後進国だったことにがく然」 健康保険証とマイナンバーカードを紐付けして「マイナ保険証」に一体…

「ビッグモーターの不正体質は社長交代では絶対に消えない」残り続ける"大株主"という根本問題 本当の意味で経営陣を刷新するしかない

プレジデントオンラインに8月3日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/72381 6000人の従業員を抱える社会的責任は大きい 次から次へと表面化する不正疑惑で、ビッグモーターの経営はどうなってい…

国家公務員の夏のボーナスが大幅増額…庶民の生活苦を無視して、大増税に突き進む岸田首相の残念さ 民間は2.6%増なのに、国家公務員は9%も増えている

プレジデントオンラインに7月22日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/71919 国家公務員のボーナスが大幅に増額 国家公務員の夏のボーナスが大幅に増額された。これまで民間との格差を是正する…

このままでは「マイナンバーカード」が次々に失効していく…政府が"保険証廃止"を強引に進める本当の理由 大盤振る舞いで取得率が8割近くに達したのに

プレジデントオンラインに7月6日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/71410 原因は「ヒューマンエラー」とするデジタル大臣 コンビニで住民票が取れるというのが「便利さ」のウリだったマイナンバ…

手当て新設程度ではどうにもならない…教師が「若者の不人気職業」になるまで放置した日本のお粗末さ 倍率は「10倍→3.8倍」にダダ下がり

プレジデントオンラインに6月23日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/70936 教員不足が深刻化している 「教員不足『悪化した』4割 依然深刻、文科省調査」(共同通信6月20日配信)「新任教諭 増…

「財政赤字の原因は何だと思いますか」国民の回答と経済学者の回答が真っ二つに分かれるワケ 7割の国民が「政治の無駄遣い」と答えた

プレジデントオンラインに6月10日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/70458 経済学者が考える財政赤字の原因は「社会保障費」 「国の借金」が2023年3月末で1270兆円と過去最多を更新した。それに…

「楽天にとって不運だったのは菅首相の誕生」楽天モバイルが苦戦を強いられている"本当の原因" 「官製値下げ」は長期的に見て国民の利益になっているのか

プレジデントオンラインに5月25日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/69905 楽天銀行を上場させて資金調達をしたばかり 楽天グループが「金食い虫」と化したモバイル事業に悪戦苦闘を迫られてい…

「子供のため」と言われれば誰も反対できない…官僚のポストを増やすだけの「こども家庭庁」の残念さ 「幼保一元化」にはノータッチという非力ぶり

プレジデントオンラインに5月10日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/69374 少子化という大問題を解決できるのか またしても新しい役所が誕生した。「こども家庭庁」。岸田文雄首相が、わが国の…

なぜ東大トップ層は「国家公務員」から「外資コンサル」に流れたのか…人事院の「週休3日策」が示す的外れ 本当の問題は「ワーク・ライフ・バランス」ではない

プレジデントオンラインに5月2日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/69172 なぜ霞が関は「優秀な人材」が採れないのか 優秀な人材が求めているのは「休み」なのだろうか。 国家公務員の人事制度…

麹町75平米月8万円、赤坂82平米月12万円…超格安の「国会議員宿舎」はいったいなぜ必要なのか 「議員宿舎」に家族と秘書しか入れない理由

プレジデントオンラインに4月20日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/68749 格安宿舎は「お手盛り」の最たるもの 4月から東京都千代田区にある「参議院麹町議員宿舎南棟」の家賃が9万2210円から8…

なぜ「パートのままがいい」という人がいるのか…理不尽な「年収の壁」を壊すために岸田政権がやるべきこと 「同一労働同一賃金」がかけ声倒れに終わる理由

プレジデントオンラインに3月29日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/68005 パート社員の待遇を正社員と同等に引き上げ イオングループの中核企業で総合スーパーを展開するイオンリテールが、パ…

81%の市議会は「パソコン持ち込み」がNG…地方議員が一般企業で通用しない人材ばかりになる根本原因 まともな人材からは避けられ、「家業」になっている

プレジデントオンラインに3月14日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/67404 「無投票どころか、定員割れもあり得る」 2023年は市町村や都道府県などで首長や議会の選挙が行われる「統一地方選挙…

移住しても「都会風を吹かすな」と注意される…田舎暮pureらしが不人気で、都会に流れる人が増え続ける根本原因 リモートワークで急増した「移住ブーム」が終わった理由

プレジデントオンラインに2月24日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/66860 東京都への転入者は4.7%増 再び東京への「一極集中」が始まったのだろうか。総務省が1月末に発表した2022年の人口移…

岸田首相は「改革後退」ばかりやっている…六本木ヒルズに集まった「規制改革マフィア」が抱く深刻な危機感 「制度・規制改革学会」発足の狙いを解説する

プレジデントオンラインに2月15日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/66530 岸田政権の経済政策にいら立ちがつのっている 岸田文雄内閣の「改革後退」にいら立った経済学者らが集まり、「制度・…

日本では若いうちの「結婚→出産」がハンデになる…岸田政権の少子化対策が異次元に的外れである根本原因 なぜ「出産年齢の高齢化」が止まらないのか

プレジデントオンラインに1月27日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/65888 「少子化最大の理由は晩婚化」 「一番、大きな理由は出産する時の女性の年齢が高齢化していることです」 自民党の麻生…

この1年で200万部以上も減少した…全紙合計で3084万部しかない「日本の新聞」が消滅する日 部数減少のスピードはむしろ加速している

プレジデントオンラインに1月16日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/65446 この25年間で「5376万部」から「3084万部」に 通勤電車の中で新聞を読むという朝の光景が姿を消して久しい。家庭でも…

国民には不人気だが、霞が関では大人気…岸田首相が「評判の悪い政策」を次々と断行している本当の理由 これで総選挙を乗り切れると思っているのか

プレジデントオンラインに12月29日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/65015 原発に防衛費…霞が関の思いが着実に実現している 「自ら解散さえしなければ3年間選挙はないのですから最強ですよ」と…

公務員の冬ボーナスは5年ぶり増加…「自動的な給与増」を変えない限り、東大生の「官僚離れ」は止まらない 民間に流れる理由は「給与が低いから」ではない

プレジデントオンラインに12月19日に掲載された拙稿です。ぜひご一読ください。オリジナルページ→ https://president.jp/articles/-/64578 冬のボーナスが5年ぶりの増加に このほど支給された国家公務員の2022年の冬のボーナスは5年ぶりの増加となった。 人…