フォーサイト

「3効果」に黄信号「アベノミクス」に次の手はあるのか

新潮社フォーサイトに11月12日に掲載された拙稿です。オリジナルページ→ https://www.fsight.jp/articles/-/46115 アベノミクスの効果とみられていた「3つの効果」にいずれも黄信号が灯ってきた。 3つとは、まず、大胆な金融緩和による円高修正で訪日外国人…

安倍首相はなぜ「規制改革」をやめたのか

新潮社フォーサイトに11月1日に掲載された拙稿です。オリジナルページ→ https://www.fsight.jp/articles/-/46076 「成長戦略の一丁目一番地」だとしてきた「規制改革」に、どうも安倍晋三首相は関心を失ってきた模様だ。 7月に設置期限を迎えていた政府の規…

関電「第三者委員会」調査後まで「岩根社長」が居座る姑息なワケ

新潮社フォーサイトに10月18日にアップされた拙稿です。オリジナルページ→ https://www.fsight.jp/articles/-/46004 関西電力の役員らが原子力発電所のある福井県高浜町の森山栄治・元助役(故人)から多額の金品を受け取っていた問題で、八木誠会長が10月9…

「ガバナンス」欠如の関電「社外取締役」は経営陣のクビを切れるか

新潮社フォーサイトに10月3日に掲載されました。オリジナルページ→https://www.fsight.jp/articles/-/45945 関西電力の役員ら20人が福井県高浜町の森山栄治・元助役(故人)から金品を受領していた問題で、関電が10月2日、社内調査報告書を公表、八木誠会長…

西川社長「解任」も「後任選び」も社内抗争という日産の暗部

新潮社フォーサイトに9月18日に掲載された原稿です。オリジナルページ→ https://www.fsight.jp/articles/-/45870 「誰も火中の栗を拾わないどころか、社長をやりたい幹部が暗闘を続けているのが、あの会社の最大の問題なんだ」 経済産業省の大物OBはそう言っ…

総務省に徹底抗戦「泉佐野市ふるさと納税」の行方

新潮社フォーサイトに9月2日にアップされた記事です。オリジナルページ→https://www.fsight.jp/articles/-/45811 「お上」の決定への徹底抗戦が続いている。 ふるさと納税制度が今年6月から見直されたのを機に新制度から「除外」された大阪府泉佐野市が、総…

「全国最下位」にはなりたくない!「最低賃金」が及ぼす「悪影響」

8月19日の新潮社フォーサイトにアップされた拙稿です。オリジナルページ→ https://www.fsight.jp/articles/-/45750 今年も最低賃金(時給)が10月から大幅に引き上げられる。遂に東京と神奈川では時給1000円を突破。1013円になった東京は、第2次安倍晋三内閣…

「ヤフーvs.アスクル」取締役再任反対でどうなる「8・2株主総会」

7月31日のフォーサイトにアップされた記事です。オリジナルページ→https://www.fsight.jp/articles/-/45678 親会社である東証1部上場の「ヤフー」と、経営権を巡って争ってきた東証1部上場の「アスクル」が8月2日に株主総会を開く。発行済み株式の約45%を保…

「アスクル」乗っ取り「強権発動」に隠された「ヤフー」の陰謀

7月26日の新潮社フォーサイトにアップされた記事です。オリジナルページ→ www.fsight.jp 東証1部上場のポータルサイト運営大手「ヤフー」と同じく東証1部上場のオフィス用品通販大手「アスクル」の経営権を巡る争いが、いよいよ佳境を迎える(2019年7月19日…

「ヤフーVS.アスクル」が問う「資本市場の信頼性」と「少数株主利益」

新潮社フォーサイトに7月19日にアップされた拙稿です。オリジナルページ→ https://www.fsight.jp/articles/-/45635 東証1部上場のオフィス用品通販大手「アスクル」と、同社の発行済み株式の45.13%を握る筆頭株主の「ヤフー」との間で経営権を巡る騒動が勃…

「労災支給決定」減少でも「労災請求」増大のワケ

新潮社フォーサイトに7月12日にアップされた拙稿です。オリジナルページ→https://www.fsight.jp/articles/-/45600 世の中は「働き方改革」ばやりだ。一律、深夜残業を禁止したり、夜決まった時間になると消灯するなど、残業圧縮に乗り出す企業も多い。本来、…

規制緩和妨げる『毎日新聞』背後に見える「官僚」と「既得権益者」

新潮社フォーサイトに6月17日にアップされた拙稿です。オリジナルページ→ https://www.fsight.jp/articles/-/45493#feed-comment 『毎日新聞』と改革派の元官僚のバトルが異例の展開になっている。 ことの発端は、毎日新聞が6月11日付け朝刊の1面トップで、…

「言う事を聞かない」自治体を「村八分」にする総務官僚の「権力濫用」

新潮社フォーサイトに5月28日にアップされた拙稿です。オリジナルページ→ https://www.fsight.jp/articles/-/45405 ふるさと納税制度を利用して人気の「返礼品サイト」を作り、多額の寄付を集めた大阪府泉佐野市などに対する総務省の「いじめ」が熾烈さを増…

景気「悪化」なのに「消費増税」は本当に必要か

新潮社フォーサイトに5月17日にアップされた拙稿です。オリジナルページ→ https://www.fsight.jp/articles/-/45348 5月20日のHUFFPOSTにも掲載されました。 景気の曲がり角にもかかわらず、安倍内閣は予定通り2019年10月から消費税率を8%から10%に引き上げ…

「生産性」を高めたければ「休み方改革」の議論を!

新潮社フォーサイトに5月10日にアップされた拙稿です。オリジナルページ→https://www.fsight.jp/articles/-/45303 10連休という超大型のゴールデンウィークが終わった。海外旅行を楽しんだり、行楽地へと繰り出したりして、10連休を満喫した人も多かったに違…

「情報漏洩」「CEO内規違反」日本取引所グループが問われる「品質」

4月16日のフォーサイトにアップされた拙稿です。 日本取引所グループ(JPX)の東京証券取引所が3月末、「東証1部」の基準厳格化を狙った上場区分の見直し案を公表した。現在、東証1部、2部、ジャスダック、マザーズの4市場に分かれているものを、(1)グロー…

国民に「ツケ」が回る「国家予算100兆円」の大盤振る舞い

4月1日の新潮社フォーサイトにアップされた拙稿です。オリジナルページ(有料)→ www.fsight.jp 国会で大盤振る舞いの予算が成立した。2019年度の一般会計予算は7年連続で過去最大を更新し、101兆4571億円と、当初予算段階で初めて100兆円の大台に乗せた。10…

「國松元警察庁長官」が警鐘を鳴らす「外国人受け入れ政策」の問題点

新潮社フォーサイトに3月19日にアップされた拙稿です。オリジナルページ(有料)→ https://www.fsight.jp/articles/-/45025 外国人労働者を本格的に受け入れることを狙った改正出入国管理法が4月1日から施行される。「特定技能1号」という新しい在留資格が生…

消費増税でも「国民負担率は横ばい」という財務省の「印象操作」

新潮社フォーサイトに3月5日にアップされた拙稿です。オリジナルページ(有料)→ https://www.fsight.jp/articles/-/44963 財務省が「印象操作」のために公表したグラフの1つ(財務省HPより) 統計不正問題で国会が揺れる中、財務省が「いわく付き」の統計を…

景気動向を読めなくした勤労統計「2018年1月問題」

新潮社フォーサイトに2月21日にアップされた拙稿です。 厚生労働省による統計不正問題がヤマ場を迎えている。国会では2月18日に衆議院予算委員会で、この問題を巡る集中審議が行われた。毎月勤労統計の調査方法が変わって、2018年1月以降、賃金の伸びが大き…

スイス時計「輸出動向」で占う2019年「世界景気」

新潮社フォーサイトに2月18日にアップされた拙稿です。 高級時計の代名詞であるスイス製時計の全世界向け輸出額の推移を見ると、世界経済の動向が見えてくる。(スイス「時計輸出底入れ」で期待できる「世界経済」の先行き 2017年12月28日参照) スイス時計…

外国人労働者「過去最多」で顕在化する「移民元年」

新潮社フォーサイトに2月7日にアップされた拙稿です。オリジナルぺージ→ https://www.fsight.jp/articles/-/44854 改正出入国管理法の施行で、今年4月から新たな資格の外国人労働者が日本にやってくる。これまでは単純労働とされ、認められて来なかった分野…

「インバウンド消費」頭打ちで考えるべき「日本産品」シフトの「工夫」

新潮社フォーサイトに1月30日にアップされた拙稿です。オリジナルぺージ→ https://www.fsight.jp/articles/-/44819 日本にやってくる外国人による消費、いわゆる「インバウンド消費」が頭打ちになってきた。2018年の訪日外国人数は3119万人と初めて3000万人…

「勤労統計問題」で露呈した霞が関「お手盛り」「忖度」体質を徹底改善せよ!

新潮社フォーサイトに1月15日にアップされた拙稿です。無料公開されています。オリジナルぺージ→https://www.fsight.jp/articles/-/44758?st= 厚生労働省が公表している「毎月勤労統計調査」で、全数調査が必要な対象事業所の一部を調査せずに集計しているこ…

ゴーン再逮捕!「特捜部」は本命「特別背任」を立証できるか

新潮社フォーサイトに12月21日にアップされた拙稿です。無料公開されています。オリジナルぺージ→https://www.fsight.jp/articles/-/44671 東京地検特捜部は身柄を勾留中だった日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者を、12月21日に特別背任容疑で再々逮…

「JIC」vs.「経産省」で露呈した「霞が関の本音」

新潮社のフォーサイトに12月14日にアップされた拙稿です。6年に及ぶ第2次以降の安倍晋三内閣で間違いなく最大の失策だろう。 官民ファンドの「産業革新投資機構(JIC)」と経済産業省の対立が決定的となり、12月10日にJICの民間役員が総退陣する異常事態に陥…

「高額に」「徹底開示」ゴーン教訓で日本企業「報酬ガバナンス」見直すべし!

12月6日にフォーサイトにアップされた原稿です。 ルノー・日産・三菱グループの絶対権力者から拘置所で取り調べを受ける身へと転落したカルロス・ゴーン容疑者。直接の逮捕容疑となった有価証券報告書への報酬の過少記載(金融商品取引法違反)については、…

「入管法改正」議論の前に敢えて聞く「旅館業」現場の声

11月19日にフォーサイトにアップされた原稿です。 外国人労働者の受け入れ拡大を狙った出入国管理法の改正案を、政府が国会に提出した。今臨時国会で成立させ、来年2019年4月から施行したい意向だが、野党からは具体的な制度設計が不十分で拙速だという批判…

統計数字も「忖度」好調過ぎる「現金給与」のからくり

11月5日にフォーサイトにアップされた原稿です。 「厚生労働省」HPより。果たして数字に忖度はあったのか…… 霞が関が発表する「経済統計」にまで「忖度」が働いているのではないか――。エコノミストや経済記者の間でそんな「疑念」が広がっている。実態より大…

主張するのは「増税」ばかり「歳出カット」は韓国に学べ

10月19日にフォーサイトにアップされた原稿です。 安倍晋三首相は10月15日、消費税率を予定通り2019年10月から10%に引き上げると表明した。増え続ける社会保障費を賄ううえで致し方ないとの見方が多いが、足下の消費が弱いままで税率を引き上げた場合、景気…